クライアントと会話ができないコンサルタントの特徴

コンサルノート

クライアントと会話ができないコンサルタントの特徴

こんにちは。小沼です。

 

今日のテーマは、
「クライアントと会話ができないコンサルタントの特徴」です。

 

当然のことですが、
コンサルタントには
クライアントと会話をするなかで
本質的な課題を発見する能力が求められます。

 

現代の情報があふれる世の中では、
問題の“解決策”は比較的容易に発見することが
できます。

 

だからこそ、
“クライアントが抱えている本質的な課題”を発見することが、
コンサルタントにより求められていると言えます。

 

ただし、これには一つ前提があります。

 

それは、クライアントと対話できる力を
コンサルタントが身につけていること。

 

私も仕事柄、
たくさんの同業種の方々とお会いしていますが、
クライアントとの効果的な対話ができない人が
あまりにも多いと感じています。

 

今回は、そんな方々のお役に立てればと思い、
動画を撮影しました。

 

コンサルタントに限らず、
“人に伝える力”を向上させたい方も、
ぜひご覧になってくださいね。
(3分01秒)