小林りん著
『不完全なリーダーが、意外と強い』

次代を担うアジアのチェンジメーカーを育成することを目的とした日本初の全寮制インターナショナルハイスクール、「ISAK」。

本書は、ISAKの代表理事を務める小林りんさんが記した新世代リーダーに必要なチーム論です。

今回のオーディオブックでは、これからリーダーシップを発揮したいビジネスマンや経営者の方のために、いかに目標を立て、仲間を集め、プロジェクトを進めたかを、小林りんさんの実体験を例に挙げながら解説していきます。


続きを見るにはログインが必要です。

会員登録する


1件のコメント

  1. 周囲とのコミュニケーションの大切さを学んだ。これからの時代、いかに人とつながり、仕事などもシェアしていけるか・・・・世界の人・職場の人とうまくやっていくための考え方は自身としても取り入れて実践していきたい。”多様性の寛容力”という言葉で表現されている。相手の発言の背景にあるバックグラウンドを考え「何でこの人はこんなことを言うのだろうか」・・・そして、発言の「本質的な部分」を持ち帰るというところ・・・・今すぐ活かすことができそう・・・・

返信を残す