ハンナ・アーレント著
『全体主義の起源』

著者のハンナ・アーレントさんは第一次世界大戦、第二次世界大戦を経験し、
混沌とした世の中で人々がどのようなメンタリティになってしまうのか?
そして社会にどのように影響を与えていくのか?
を本著に記しています。

今回のオーディオブックでお伝えしたいのは、
私たちは特定の状況下に置かれたとき、普段の善悪の判断基準を失い、普段は取らないような行動をとってしまいがちだということです。

現在の私たちを取り巻く政治や経済の状況も混沌とした状況になっていると感じています。
そんなときだからこそ、大衆に流されず自ら考え、これからの時代を生き抜くための方法をお伝えしていきます。


続きを見るにはログインが必要です。

会員登録する


返信を残す