塩野 誠著『ポスト平成のキャリア戦略』

大きな転換期を迎えた日本。
私自身海外に行く機会が増え、海外の視点で日本を見てみると、日本はとても恵まれている国にもかかわらず、それに気づかずに生きている人がとても多くいます。

本著で言いたいことは、これからの時代で必要なのは
「ハングリーな生き方」と「ノーブル(高貴な生き方)」
の二つです。

昭和の高度成長期の働き方に比べると、平成という約30年の歴史の中で若い世代からは「ハングリーさ」が失われ、これからのキャリア戦略を描けていないと感じています。

これからの時代の働き方は、今までと異なり“個の力”が求められてきます。
本著では、年代別にこれからの働き方を考えることができる良書です。


続きを見るにはログインが必要です。

会員登録する


返信を残す